ふじこのつぶやき

私はなぜおしゃれをするんだろう?

更新日:

こんにちは!Fujikoです^^

ほぼ毎月のように買っているファッション雑誌、CLASSY。
先月買った5月号で、気になる見出しがありました。それは、「私たちはなぜおしゃれをするのか」というものです。

コラムみたいなものはあまり読まないわたしですが、これは面白くてついつい読んじゃって…。わたしも「なぜおしゃれをするのか」考えてみました。

 



スポンサーリンク

わたしがおしゃれをする理由

おしゃれなんてしなくても生きていける。でも、それでもわたしがおしゃれをするのには、4つの理由がありました。

①自分のテンションが上がるから

コーデがうまく決まった日って、なんだかワクワクしませんか?わたしは、自分の納得のいくコーデが組めると、「よし!」と嬉しくなります♪

シンプルなアイテムが好きなので、アイテム自体を褒められることはあまりないのですが、「fujikoはこういうワンピース似合うよね!」とか、「いつも綺麗な服装だよね!」とか言われると、めっちゃテンション上がります^^

②その日を楽しめるから

1つ目の理由とほぼ同じなのですが、2つ目はその日いちにちを楽しむことができるから。やっぱり褒められると、その日の気分が変わってきますよね。

それにコーデがいまいちな日ってなんだかいろんなことが気になって、そわそわしちゃうんです。
これ変じゃないかな〜?とか、トップスは入れた方が良かったかな〜?とか…。「自分がどう見られてるか」ばかりに意識がいってしまいます。
おしゃれは、その日にお会いする相手や出来事を思いっきり楽しませてくれます。

③いつまでもキレイでいたいから

結婚してからも、ずーっと愛されて大事にされる女性でいたいから。

これはきっと、わたしの両親が仲が悪いことも関係してるんだろうな。
お母さんもお父さんも好きだけれど、「こんな夫婦には絶対なりたくない。いつも笑ってて仲のいい家族をつくりたい」ってずっと思って生きてきました。

結婚して家庭を持つことができた今。もちろん外見だけでなく、というか相手を思いやる気持ちとかの方が大事なのはわかっています。
でも、やっぱりいつまでも可愛いね、キレイだねって言われたい^^

④なんだか自信が持てるから

結婚を機に仕事を辞めてライフスタイルが変わり、何を着ればいいのかわからなくなった時期がありました。
着る服だけでなく、空いた時間に何をやっていいのかもわからない。誰からも評価されなくて、社会から認めてもらえてないような感覚になり、主人ともケンカの毎日…。
今思うと、悲惨でしたね。笑

わたしは何がやりたいんだろう?今まで何を大事にしてきたんだろう?って考えた時に、これまでわたしのそばにいてくれたものが「洋服と主人とバスケ」だってことがわかりました。

ファッションの仕事をしてた、ということも自分に自信をくれる大きなひとつでしたが、やっぱりわたしにとっておしゃれすることは欠かせない。

おしゃれは、自分が自分でいられるためのツールだと思っています。

 

着飾ることではなく、身支度の延長線上にある

CLASSYのコラムでとても共感した言葉。
「これでもかと着飾ることじゃなく、身支度の延長線上にある普段着のおしゃれ」

おしゃれしました、っていう肩ひじはったスタイルが好きではないわたしには、この言葉がしっくりきました。
いつも着替える前に、「これには何が合うかな」って考えていて、当たり前のようにわたしのそばにあるんですよね。

これからも、誰かのためではなく、わたしの毎日をちょっぴり楽しませてくれるファッションを、身支度の延長線上にある普段着のおしゃれを楽しみたいです^^



スポンサーリンク



スポンサーリンク

-ふじこのつぶやき

Copyright© Cheap Chic(チープシック) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.