ふじこのつぶやき

おしゃれを楽しむママがいちばん素敵

投稿日:

こんにちは、ふじこ(@K274Fujiko)です^^

 

ファッションの勉強をしようと買ったVERY5月号に、こんな言葉が載っていました。

 

これから子どもが産まれたら、おしゃれが制限されることになるだろうなと思っていた私。

この特集を読んで、なんだか自分の中のフィルターが外れて、心が軽くなった気がしました。



スポンサーリンク

ママらしいファッションって何だろう?

「ママらしいファッション」と聞いて、どんな服装を想像しますか?

私の中でのイメージは、Tシャツにパンツ、スニーカーといったカジュアルな感じ。

自分のため、子供のため…
動きやすさや汚れてもいいような服となると、こうなってしまうような気がします。

もちろん、Tシャツにデニムでも素敵なひとはたくさんいますが。

 

でも、自分や他人が考える「ママらしいファッション像」に縛られていませんか?

 

 

ママになっても自分が変わるわけじゃない

VERY 5月号

VERYに載っていたこの言葉。

”ママになったからって、急に自分が変わるわけじゃない。”

 

時間の使い方などは変わるかもしれないけど、自分の本質が変わるわけじゃないですよね。

好きなものって、なんだかんだずっと好きなはず♡

 

好きなものを着ているとご機嫌になれるし、気持ちに余裕ができてひとにも優しくできます。

自分も周りもハッピーにしてくれるファッションって、やっぱり素敵なツールですよね^^

 

 

ママになっても私が好きなもの

3人のママの好きなものを紹介するコーナーだったので、私も考えてみました!

 

白いアイテム

白いアイテム

清潔感があって純粋なイメージのホワイト。
特に、パリッとクリーンな白よりも、オフホワイトやアイボリーなど温かみのある白が好き。

何にでも染まれて、ひとに優しくできるような気になるんですよね♡

洗濯機でガシガシ洗える素材のものを選んで、諦めずにこれからもたくさん着たいな。

 

フェミニンなアイテム

フェミニンなアイテム

自己診断だと骨格がウェーブ体型だからでしょうか。

カジュアルなアイテムより、プリーツスカートやとろみのあるトップスなど女性らしいアイテムの方が似合うし、気分が上がるんです。

そんな服が着たいときはパパがいる週末とかにして、「お気に入りの服が着られない…」なんて嘆かないようにしたいです。

 

小さめのバッグ

小さめのバッグ

身長153cmと小さいので、バランスを取るためにいつも小さいバッグを選んでいました。

これからお出かけには子どものお世話セットを持ち歩くので、どうしても荷物が多くなってしまいそう。

でもベビーカーにかけたり、2つカバンを持つなどして、できる範囲でおしゃれを楽しみたい♡

 

 

捉われず、いまの自分にぴったりなおしゃれを無理なく楽しもう

VERYを読んで、自分の中で制限をかけていたママファッションの価値観が変わりました。

 

できなくなるおしゃれもたくさんあると思いますが、その中でも工夫してできるおしゃれに目を向けて、今の自分のステージに合ったおしゃれを楽しみましょう♡

バッグinサイズVERY(ヴェリィ) 2019年 05月号 [雑誌]

created by Rinker
¥730 (2019/06/19 03:47:17時点 楽天市場調べ-詳細)



スポンサーリンク



スポンサーリンク

-ふじこのつぶやき
-

Copyright© Cheap Chic(チープシック) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.